かりがねの通販|苦みが少なく飲みやすい|藤田茶園

日本茶専門店 藤田茶園へようこそ

お茶のコト
藤田茶園のブログ
藤田茶園facebook
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
メルマガ登録
 

トップ > 茶の種類 > かりがね

かりがね

かりがね

かりがね(雁ヶ音)とは?

煎茶や玉露の荒茶から、仕上げ工程で茎の部分を選別したもので、「くき茶」や「折れ」とも呼ばれます。
独特の風味があり、葉(本茶)よりも渋みや苦みが少なく、水色(すいしょく)が少し濁っているのが特徴です。
湯の温度が多少高くても苦みや渋みが少なく、色も出やすいので、淹れやすいお茶です。

雁ヶ音の入れ方

基本的な入れ方

湯の温度:80-90℃ (玉露かりがねの場合は70-80℃)
抽出時間:1分ほど

全3件

お買い物ガイド